「キーワード」でテーマを書いてもアクセスアップにつながらない

検索エンジンがセマンティック能力を向上させ、そのコンテンツが意味していることを以前とは比べものにならないくらい的確に理解できるようになってきました。これを機に、キーワードに依存したSEOから完全に脱却したSEOを目指したいものです。

文章は特定のキーワードに固執してコンテンツを作る必要がありません。なぜなら「◯◯」のキーワードで上位表示!というのはもう通用しない古いSEOと言ってもいいからです。
キーワードが書かれていなくてもそのキーワードで検索トラフィックを集めることさえ可能だからです。ポイントは「検索ユーザーは何を知りたいか」を理解してコンテンツを作ることがいかに重要かは初歩の対策なのです。

Googl Search Console に登録する意味

Google ウェブマスター ツールが Google Search Console に一新し、Google 検索に関心を寄せるすべてのユーザーを対象にサービスを提供されました。

従来のいわゆる「ウェブマスター」は、ウェブマスター ツールのユーザーの一部でしかなかったのです。しかし、Google ウェブマスター ツールは、これまで 10 年近くにわたって、すばらしいウェブサイトを作成し、Google 検索に表示させるためのツールとして、絶え間なく進化を続けてきました。

ウェブマスター ツールは、小規模事業主から、SEO の専門家、マーケティング担当者、プログラマー、デザイナー、アプリ デベロッパー、個人のサイト運営者、そしてもちろんウェブマスターまで、さまざまユーザーが対象になりました。

ここに登録しておくということは、検索結果でのコンテンツの表示の診断や改善に役立ちます。つまりあなたの小舟が豪華客船にとなっていくかもしれないということです。
小舟よりも、豪華客船のほうが関心をひくことになります。

g.co/SearchConsole

インデックスに新しいサイトを登録

さてブログは出来ましたか?
最初は毎日記事を書きましょう。それにはやっぱり日記がいいですよ。
話題が絶えませんから。
さて、あなたのブログを小舟にたとえますと、検索エンジンは探査機みたいなものですね。
たとえば、あなたの船は日記船だったりしたら。日記だけ集めに来る探査機に見つけてもらいやすいわけです。見つけられると、リストに「日記船」と掲示されます。すると日記船を見たい人がわざわざ探して見に来てくれるわけです。後者がいわゆるパソコンで言う検索にあたり。前者が検索された表示にあたります。ではあなたの小舟を検索リストに登録して表示してもらいましょう。初めての方はgooglだけでいいと思います。
Search Console
早ければ2~3日で登録されます。確認方法は YahooかGOOGLの検索窓にあなたの
ブログのURLを入力して検索してみてください。
登録されていましたらまずはおめでとうございます。
この続きは後日・・・・