検索エンジンでの上位表示と更新頻度の関係

検索エンジンでの上位表示に関して初心者の方には関心があると思います。

そこで、コンテンツの 更新頻度というのが重要であるかと思いますが残念ながら上位表示と更新頻度は関係ありません

 

検索エンジンは、日々コンテンツが更新されるタイプのサイトと、ほとんど変化のない固定的で静的なタイプのサイトの2種類に分けているようです。

 

「更新が頻繁であるべきタイプのサイト」例えば、ニユース系、日記系のサイトが代表的なものとして挙げられます。

 

「更新が頻繁に発生しないタイプのサイト」は、どんな基準で分けているかは、分かりません。

1日1回と1日10回では結果に違いがあるのでしょうか?これは、違いはありません。

 

頻繁に更新することで検索結果の上位に表示されたとしたら、それは頻繁に更新されたことが原因ではなくて、更新して追加されたコンテンツが、効果をあげたからです。

 

よく、「頻繁に更新すれば上位に表示される」とか「検索エンジンは、こまめに更新されるサイトを好む」なんて言われますが、そんなことはありません。初心者はこのようなことを理解していないと、毎日無駄な作業を続けることになってしまいます。

 

検索エンジンを出し抜こうとすることよりも、きちんとコンテンツを更新することのほうが大切です。これも検索エンジンだけが知っていることです。現在は、分かりません。

SEO研究家がMETAタグの現在の効果について検証

「METAタグ」の、「keywords」は、SEOをかじってる人なら必ず記述していることでしょう。

 

METAタグは、“以前は”効果があった。しかし、SEO研究家が、複数のサイトでテストした検証結果、3大メジャー検索エンジンのMETAタグはSEO上ほとんど意味を成さなくなっていた。

 

・Googleでは、META keywords タグは、検索結果の表示順序については影響を与えなくて ページランクにも無関係だった。

・Yahoo!ではMETA keywords タグは無視します。

・MSN(Live.com)では、META keywords タグは影響を与えます。

 

こんなところに時間をかけても無駄である。初心者はいろいろな情報に惑わされつい手がててしまう分

野でもある。

【Black Hat SEO】とは?

ブログのseo対策として、初心者は間違った使用方法をしてしまいます。

「Black Hat SEO」と言われるものです。初心者はSEO対策の意味を取り違え最悪の場合はインデックスから削除されるという最悪のケースにならぬよう、ブログを始める前に十分認識する必要があります。

「Black Hat SEO」の特徴として、「手っ取り早く上位表示を狙えるものが多いけど、短命」というのが挙げられます。初級者は、知らないうちに【Black Hat SEO】にはまってしまいます。【Black Hat SEO】は次のようなものがあります。

 

隠しテキストは、背景と文字(特にキーワード)を同じ色にして人間には見えないが、クローラには見えるようにする。

 

Altイメージ タグ スパムは、画像の「alt属性」にキーワードを詰め込むもので、SEOに有効なテクニックである。

Metaタグ スパムは、「meta keywordsタグ」にキーワードを詰め込みます。以前はSEOに有効なテクニックであった。

 

Titleタグ スパムは、「titleタグ」にキーワードを詰め込みますのでSEOにかなり有効なテクニックです。

 

これらは、今でこそスパムと判定されますが、数年前まではとても有効なテクニックでした。しかし、SEOに効果があって上位表示されるどころか、一歩間違うとインデックスから削除されます。
いずれにしても、「Black Hat SEO」は、SEOに不慣れなうちは、危険性を認識しないで犯しがちです。